2015年04月24日

nanaco

nanacoというセブンイレブンのカードがありますが、こちらは電子マネーです。ポイントも貯まりますし、セブンイレブンをよく利用している人にとってはとても便利なカードでもあります。

公共料金の支払いがnanacoで出来るかどうかですが、ナナコカードでは、公共料金の支払いにも対応しています。一般的な公共料金である、電気代、ガス代、水道代を支払うことが出来ますが、他のクレジットカードの公共料金の支払いとは違う点があります。それはnanacoカードでは、公共料金を支払うことは出来ますが、ポイントがつかないのです。

nanacoで公共料金の支払いは可能ですが、ポイントがつかないことについては理解した上で使ったほうがいいかもしれません。

コンビニをよく利用して、特にセブンイレブンを利用していることが多くて、nanacoを持っている人は公共料金を支払う際に使うと便利ですがポイント適応外だけは注意しましょう。

ただ、ここでのポイントですが、NANACO利用で公共料金支払いをしてもポイントは貯まりませんが、NANACOへのクレジットカードからのチャージではクレジットカードのポイントがつくということです。

公共料金以外であれば、利用ポイントにプラスしてクレジットカードでチャージをすることで、ポイント二重取りができるということです。

じつはこの二重取りをすることで、通常、利用1%の還元率を3%にまで引き上げられます。2%の違いは大変大きいので、これはぜひ知っておいて欲しいです。

NANACOにチャージをする時にぜひ持っておいて欲しいのが漢方スタイルクラブカードです。

nanacoチャージでポイントが貯まるクレジットカードの中で最もポイント還元率が高いのは、初年度年会費無料漢方スタイルクラブカードです。

漢方スタイルクラブカード1.75~2.00%と他を圧倒する還元率となっています。

ポイント還元率だけでみれば、この漢方スタイルクラブカードをお薦めしたいのですが、漢方スタイルクラブカードには2つの短所があります。

一つめは、年会費

漢方スタイルクラブカード初年度の年会費は無料なのですが、次年度からは年会費が1575円必要となります。いくら還元率が高くても年会費が発生してしまっては結果、損をしてしまうこともあるので注意が必要です。

そこで、年会費は払いたくない・・・という方に、個人的におススメしたいのが楽天カードです。

楽天カードは、NANACOチャージでポイントが付与され、そのポイント還元率は1.0%になります。

なお、nanacoチャージでもポイントが付与されるのはJCBブランドの楽天カードのみになるため、申込む際はカードブランドをJCBにすることを忘れずに!)

この楽天カードをおすすめする最大の理由はキャンペーンにあります。

楽天カードは、入会&キャンペーンへのエントリーで楽天市場で5000円相当として利用できる楽天ポイントが最大5000ポイント貰えるキャンペーンを行っています。

是非、あなたもこのお得なキャンペーンを利用して楽天カードを手に入れて、nanacoへのチャージでポイントを手に入れてください!!

なお、NANCO支払いをしたい際には、nanacoカードを持ってないという方は先にNANCOカードを作っておく必要がありますが、通常、作成手数料が300円かかってしまいます。

しかし、セブンカード・プラスは、nanacoカードとクレジットカードが一体となっています。

セブンカード・プラス年会費は初年度無料、次年度以降も年間5万円のカード利用で無料になります。

また、入会&登録・利用などで最大2000nanacoポイント(2000円相当)が貰えるキャンペーン(※2014年5月31日まで)を行っており、大変お得です!

5万円以上年間利用しそうな方には損のないカードかと思いますのでお勧めです。

2014年05月24日

イオンカード

イオンカードでは公共料金の支払いが可能です。イオンカードで支払うことが出来る公共料金は、東京電力、関西電力、中部電力、中国電力、北陸電力、九州電力、東北電力、四国電力、北海道電力、沖縄電力といった電気の公共料金に対応しています。

次にガスの支払いですが、イオンカードが対応しているガス会社は東京ガス、大阪ガス、東邦ガス、九州ガス、大和ガス、京葉ガス、西部ガス、北海道ガスをはじめとするガス会社に対応しています。水道代もイオンカードで支払うことが出来ます。

水道代は対応しているところが少ないのですが、東京水道局、多摩地区都営水道、横浜市水道局、尾鷲水道部、福岡市水道局、尼崎市水道局、水戸水道部、長崎市上下水道局、札幌市水道局、浜松市場下水道部に対応しています。

それ以外にもイオンカードでは、地方公共団体の税金も支払うことが可能です。三重県の玉城町の納税、ふるさと納税、京都市のふるさと納税、小樽市ふるさと納税寄付金、ニセコ町ふるさと納税寄付金に使用することが出来ます。

国民年金保険の納税もイオンカードで可能ですし、NHK受信料のお支払いもイオンカードで可能です。ほとんどの公共料金にイオンカードは対応しています。

イオンカード入会企画

2014年05月19日

ファミリーマート

ファミリーマートでの支払いをクレジットカードでする場合、ファミマTカードでの支払いがおすすめです。

ファミマTカードで支払いが出来る公共料金は、電気料金、ガス料金、電話料金、水道料金等です。

税金類に関してはファミリーマートでのファミマTカードでの支払い取り扱いは終了してしまっているので注意しましょう。


ファミリーマート

ファミリーマートでの支払いをクレジットカードでする場合、ファミマTカードでの支払いがおすすめです。

ファミマTカードで支払いが出来る公共料金は、電気料金、ガス料金、電話料金、水道料金等です。

税金類に関してはファミリーマートでのファミマTカードでの支払い取り扱いは終了してしまっているので注意しましょう。


2014年05月15日

ヤフー公金支払い

Yahoo!公金支払いというサービスが出来て、こちらを利用することでこれまでクレジットカードで支払いが出来なかった税金などの支払いが出来るようになりました。

ただ、まだ対応していない都道府県もありますので注意が必要です。

自動車税、固定資産税、軽自動車税、国民健康保険、住民税などが支払いを行うことができます。

注意点(デメリット)としてはクレジットカードの決済手数料がかかってしまうことがあるということです。

そのため、クレジットカードのポイント付与狙いで決済を行う場合には、ポイント還元率が高いクレジットカードを使って、手数料以上のポイントを獲得する必要があります。(そうでないと損をしてしまうことになるので・・・)

上記のみ注意してうまくヤフー公金支払いを利用しましょう!

2013年07月18日

公共料金をカード払いにするには

公共料金をカード払いにするにはどうしたらいいか、そういった点で悩んでいる方もいるかもしれません。カード払いは基本的に最初に契約した時点での支払い方法がカード払いになっていないとできません。しかし、公共料金に関しては、途中から変更することも可能です。

公共料金は口座振替が多いですが、毎月引き落とされるものが多く、ずっと支払い続けるものです。よって、最初の契約状態と変化があった場合には、支払い方法の変更なども気軽に対応してもらえるのです。

手続きは難しくはありませんが、少し面倒な部分はあります。インターネットでホームページから支払い方法の変更手続書を請求するか、電話をするというのが一般的です。その後書類が届いたら、必要事項を記入して郵送することになります。面倒と言ったのは、記入したら電話したりするする必要があるといった点です。

公共料金はカード払いにすることで、支払いの管理がしやすくなるといったメリットもあります。何日に何が引き落とされるということを覚えていないと引き落としが出来ないというケースも生じますが、カード払いであれば、支払日が決まっているため、その前日までに入金すればいいのです。結果的にカード払いが楽ですね。

公共料金 ポイント

クレジットカードでの支払いにすると公共料金なども非常に楽になります。また、公共料金をクレジットカード払いにすることで、よりお得になる場合もあるのです。なかなかイメージしにくいかもしれませんが、クレジットカードのポイント制、これに最も適しているのが公共料金です。

クレジットカードは利用すると、その分のポイントが付与されます。そして、そのポイントを利用して買い物などを行うことができるのです。ポイントの付与率は数%となりますので、それほど大きなものではありませんが、例えば毎月支払う公共料金などであれば、年間の支払い総額はかなり高くなりますので、自動的にその分のポイントが割引になると考えることができ、大変お得になるのです。

しかし、まずはその公共料金の支払いに対して、何が最もお得な支払い方法なのかを把握することが大切です。口座振替であれば値引きしますといった制度であれば、ポイントが付与されてもプラスにならないかもしれません。

このように、まずはルールをきちんと把握することが必要です。ルールを把握してどれが最もお得なのかを自分で考える必要があります。これを上手く行えることができる人は、お得に生活をしていくことができるのです。

2011年06月24日

コンビニ支払い

公共料金の支払い方法はいろいろとありますが、そのひとつに、コンビニで支払うという方法があります。

公共料金を支払う際にコンビニなら、自分の都合のいい時間にそして手軽に立ち寄れて便利ですから、他の支払い方法に比べるといいと思う人も入るかもしれません。

公共料金を支払う際のコンビニ決済手数料は特に必要ありませんから、公共料金の支払い方法の一つとして若い人たちの間では、金融機関での支払いよりも、手軽に支払えるコンビニを利用している人は多いのではないでしょうか。電気代、ガス代、水道代、電話代、国民年金、国民健康保険、自動車税が、コンビニで支払うことが出来ます。

公共料金を支払う際には、それぞれに支払期限が設けられているので、いつでも支払えば言いと言うわけではないので、支払期限は守らなくてはいけませんが、コンビニなら夜でも休みの日でも、24時間やっていますから、手軽に自分の都合のいい時間に支払うことができるので、支払い忘れが少ないのではないでしょうか。

なかなか公共料金をわざわざ銀行へ支払いに行くとなると銀行がやっている15時までに行かなくては行けませんから大変ですが、これなら便利ですね。好きな時間に支払うことが可能です。

クレジットのポイント

公共料金をクレジットカードで支払うとポイントが貯まるのが嬉しいですね。金融機関へ支払いに行くことや、金融機関からの口座引き落としを考えると何のメリットもないのですが、公共料金をクレジットカードで支払えば、その金額もポイントの対象になりますから、その点がとてもおおきなメリットになるでしょう。

普段クレジットカードを持っていてもなかなか使わないのでポイントがたまらないと言う人も入るでしょう。しかし公共料金である光熱費や携帯代、NHKや新聞代などは、毎月決まって支払うことになっていますから、これをクレジットカードで支払うことにすれば、これらを買い物をしたのと同じような扱いになり、ポイントの対象になりますからポイントが自動的に、クレジットカードで買い物をしたりサービスを受けたりしなくても貯まっていくと言うのはいいことですね。

公共料金をクレジットカード払いにしている人と、していない人では、随分ポイントの貯まり方が違うでしょう。

同じ支払い方法でも、口座引き落としにしているくらいでしたら、クレジットカードで支払うように手続きをしただけで、後はポイントが自然に貯まっていくわけですから、こんなに便利なことはありません。クレジットカード払いにしていない人はぜひポイントを賢く貯めるためにも、公共料金をカード払いにすることをオススメします。

自動車税

公共料金をクレジットカードで支払う人は今増えていますが、自動車税も支払える自治体もあるといわれています。

クレジットカードは最近は普通にショッピングをするだけ出なく自動車税や固定資産税の支払いにも使用している人がとても増えているのです。

自動車税をクレジットカードで支払う場合には、まだ全国のどこの都道府県でも支払いが可能なわけではありませんが、東京、福岡などそれぞれの地域で対応できるところは今現在増えているのが現状です。

クレジットカードで自動車税の支払いが出来れば、その分の費用もポイントの対象になりますから、大きいですね。人によっては大型の車に乗っていると排気量が大きければ、6万円近くの支払いをすることになりますから、それがクレジットカードで支払えるのなら嬉しいですね。

今まで普通に支払っていたのに公共料金をクレジットカードで支払えば自動車税もポイントがたまるのはいいですね。

自動車税をクレジットカードで支払えばどのようなメリットがあるのかと言えば、税金の金額自体はカードでも、現金でも違いはないのですが、クレジットカードで支払えば、わざわざ金融機関へでむいて支払う必要もありませんし、ポイントも貯まりますからお得なのです。

Yahooカード


公共料金をクレジットカードのYahooカードで支払うことが可能です。現在公共料金でクレジットカードのYahooカードが対応しているのは、水道料金が、岩手県、三重県伊勢市、三重県いなべ市、長崎県、波佐見町となっています。

それ以外にも公共料金として税金ではありますが、クレジットカードのYahooでは自動車税、固定資産税、軽自動車税、国民年金保険、後期高齢者医療保険料、介護保険料、住民税の支払いが可能です。

公共料金や税金については、それぞれの自治体によって違いがありますので、支払いが可能な自治体と、そうでない自治体があるので、もしこれから公共料金をクレジットカードのYahooカードで支払おうと思っているのであれば、自分の住んでいる地域が管轄になっているのか、対応されているのかどうか確かめた上で支払いの申込みをするといいでしょう。

公共料金をクレジットカードのYahooで支払えば、ヤフーポイントが貯まりますから、ヤフーでのショッピングやオークション、トラベルなどヤフーの様々なサービスでポイントを使うことが出来るのでお得です。賢くクレジットカードで公共料金を支払いたいと思っている人はヤフーカードでの支払いをすることをオススメします。引き落としや直接支払い、集金などと比べてもお得です。

クレジットカード払いがお得

公共料金をクレジットカードで支払えばお得です。なぜ公共料金をクレジットカードで支払うとお得なのでしょうか。その理由はクレジットカード会社は最近はどこのクレジットカード会社でもポイントを導入しているところが増えています。

ですから、クレジットカードを使えば使っただけポイントが加算されます。貯まったポイントは、現金に換金する会社もあれば、金券との交換、お好きな商品との交換、ショッピング利用時に使用することができるなど、お得なことが満載です。普通にコンビニや金融機関で公共料金を支払っていても何のメリットもありません。口座引き落としを利用していても何のメリットもありません。

しかし公共料金をクレジットカードで支払えば、それだけポイントがすべて対象になりますから、メリットとしてどんどんポイントがたまるというメリットがあるのです。ですから、少しでも賢く公共料金を支払いたい人、お得に公共料金を支払いたいと思っている人は、ぜひクレジットカードを使った支払いをすることをオススメします。

そうすれば、使えば使うだけポイントが貯まりますから、毎月決まって支払わなければいけない光熱費などの公共料金だけでも自動的にポイントがたまるのでお得なのです。

ポイントを貯めるなら

公共料金の支払いをクレジットカードで支払えば、クレジットカードのポイントが貯まりますからお徳です。コンビニで支払ったり、口座引き落としにしていても何のメリットもありませんが、クレジットカード払いにすれば、クレジットカード会社の特典である、使えばポイントがたまるというポイントシステムを利用することができますからとてもお徳です。

毎月支払うことになる公共料金をクレジットカード払いにすれば、毎月数万円という支払い額がポイントの対象になるわけです。

ショッピングなどで毎月数万円も使うのはほとんどの人がないと思いますが、決まって数万円の支払いがある公共料金をクレジットカード払いにしておけば、これらの支払額がポイントの対象になるので自動でポイントが貯まりますからお徳です。

ポイントが貯まれば、それぞれのクレジットカード会社にも寄りますが、例えば現金と換金してもらえたり、ショッピングに使えたり、好きな商品をもらえたりしますからとてもお徳です。

公共料金をまだ引き落としにしていたり、コンビニなどでの支払いにしているという人は、ぜひこれを機にクレジットカード払いにして賢くポイントを貯めてみてはいかがでしょうか。

公共料金の引き落とし

公共料金の支払い方法はいろいろとありますが、その一つに、銀行などの金融機関からの、口座引き落としがあります。

毎月意外と1ヶ月の支払額の中では結構な金額がかかる公共料金ですが、口座引き落としを支払い指定にしている人も多いのではないでしょうか。

公共料金の支払いの中でも、最初に申し込む際に、銀行などの口座引き落としにしている人は、そのままずっと口座引き落としを利用しているケースが多いですが、もし賢く公共料金を支払いたいと思っているのであれば、口座引き落としは見直したほうがいいかもしれません。

確かに手続きをしておけば、決められた日時に、銀行などの金融機関の口座から引き落としを自動でしてくれますからとても便利ですが、特に賢くもなければ便利なだけで、メリットはないのです。

しかし公共料金を引き落としをやめてクレジットカード払いにするとどうでしょうか。クレジットカード会社から自動で支払うことになるので、手間などは引き落としと変わりません。

それなのにクレジットカード会社のポイントがつくと言うメリットがあるのです。同じように自動で支払うのであれば、引き落としではなくカード払いがお徳ですから検討してみるといいかもしれませんね。

楽天カード

楽天カードでは公共料金の支払いも可能です。楽天カードは、公共料金を支払っても、100円につき1ポイント、楽天ポイントが1ポイント還元されます。1ポイントが1円換算できますから、公共料金の支払いを楽天カードにすれば、ポイントがどんどんたまります。

楽天カードを普段の生活で公共料金の支払いに使えば、楽天スーパーポイントがどんどん貯まりますから、貯まったポイントは、楽天市場で使用することが出来ますし、楽天とラベルでも使用可能です。

楽天銀行に口座を持っている場合には楽天の口座にお金に換金してもらうことも出来ます。楽天カードで支払うことができる公共料金ですが、電気代がまず挙げられます。ほとんどの電気会社で楽天カードでの支払いがかのうです。

東京電力、関西電力、中部、北陸、九州、中国、四国、東北、北海道、沖縄といった各電力会社で可能です。そしてガス代の支払いも可能です。こちらも東京ガスをはじめとする、大阪、東邦、西部、北海道、中部、広島、北陸、静岡、日本、四国ガスに対応しています。

水道代については、一部の水道代のみ対応指定います。東京都水道局、武蔵野市、横浜市、岐阜県笠松氏、三重県玉城市、三重県尾鷲市、福岡市、尼崎市などが対応しています。それ以外にも携帯電話、固定電話の支払い、プロバイダー料にも対応しています。

引越しをする場合

引越しをする場合やした場合には、公共料金の支払い方法が変わるなら、変更届を出さなければいけません。引越しの際の公共料金の手続きですが、それぞれの公共料金を支払うところによって違いがあります。電気料金の場合には、新居なら、電気使用開始のはがきがおいてあるので必要事項を記入して投函することになります。

引越しをする家では1週間から10日前までに電気の使用停止連絡を入れておくといいでしょう。そしてガス料金の手続きについてでは、こちらも電気と同じで、引越の1週間から10日くらい前に停止連絡をしておき、引越先では、2-3日前には、ガスの使用開始の連絡をしておきましょう。開戦の立会いが必要な場合には予約が必要ですから注意しましょう。

公共料金の水道代は、水道は管轄している地域ごとに対応が違っていますから、自治体などへ連絡を入れて聞いたほうがいいでしょう。

水道の使用停止に関しては、2-3日前に連絡をしておくことになります。引越しが決まったら公共料金の手続きを忘れないように行いましょう。忘れていると二重徴収されてしまったり、使いたい日に使えないなどのトラブルになるので注意しましょう。今紹介した以外の公共料金についても事前に確認しておきましょう。

公共料金支払い


公共料金支払いは、色々な方法で可能です。例えばどんな方法があるのか、公共料金支払い方法についてここでは見て行きたいと思います。

一番一般的な公共料金支払い方法としては、銀行などの金融機関の口座引き落としを利用している人が圧倒的に多いのではないでしょうか。

これは指定した口座から毎月公共料金支払いをするという方法です。そして他にも最近多いのはクレジットカードを使用した公共料金支払いの方法です。

これは口座引き落としと同じで、指定したクレジットカードから引き落としされると言うものですから、クレジットカード利用明細に公共料金支払いとして記録が残る形になります。ポイントも貯まるので口座引き落としよりもお徳な方法といってもいいでしょう。

それ以外の公共料金支払いの方法としては、集金をしているところもあります。家を不在にしがちな人は集金だと、きてもらってもいないことが多いかもしれませんから他の支払い方法を検討したほうがいいかもしれません。またコンビニや金融機関で支払うことも可能です。

毎月支払い用紙が届くので、それを持って指定の金融機関やコンビニで支払うことが出来るという方法です。

公共料金支払い方法はこのようにいろいろとあるので自分に合う支払い方法を探すといいですね。

公共料金をクレジットカードで


今、公共料金をクレジットカードで支払っている人はとても増えていると言われています。公共料金の中でも一番クレジットカードでの支払い率が高いのは、携帯電話の通話料、インターネットのプロバイダー料などですが、それ以外にも公共料金でクレジットカード払いが出来るものは今沢山増えています。毎月決まった額の支払いをしなければいけない公共料金ですから、出来るだけ、クレジットカード払いにすればクレジットカードのポイントが貯まったりする特典もありそれはメリットになります。

今口座振替をしているのなら、クレジットカード払いにするだけで、公共料金の支払い分もクレジットカードのポイントが加算されますから、早くポイントを貯めることに繋がるでしょう。

以前はクレジットカードで支払える公共料金は限られていることが多かったのですが、今は、電気代、ガス代、水道代などの光熱費をはじめとして、他にも新聞代やNHKの受信料などもクレジットカードでの支払いが可能になっています。公共料金の中には、税金などの自治体に支払うお金なども、クレジットカードで支払うことが出来ますから、ポイントが貯まるのでオススメです。使える公共料金の支払いと、使えないものがあるので賢く支払いましょう。